出会い系に潜む危険・身を守るための法律の知識まとめ

出会い系を利用して異性と交際をしたいと願う人は少なくありません。

近年ではスマートフォンを対象としたアプリなどでも利用できるようになり、身近な存在になったと言えるでしょう。

しかし、便利に利用できるようになれば、それだけ犯罪に巻き込まれてしまうこともあるのです。

そこで自分の身を守るための法律知識などを身に着けておくことも大切ですね。

法律を知る前に出会い系の危険性を認識しておこう

出会い系というのは必ずしも安全なものではありません。

悪質な業者が運営するサイトを利用するのもそうですが、優良な業者が運営するものであっても犯罪に巻き込まれる可能性はあるのです。

サイトそのものが健全であっても、利用者間でのトラブルが起こるかもしれないからです。

これはネットでの出会いだけではなく、すべての出会いに言えることもかもしれませんが、その危険性は認識しておくべきでしょう。

ですので、出会い系を利用するのなら安易に個人情報を漏らさないようにするなど、自衛していくことも重要だと考えてください。

法律は確かに身を守ってくれるものですが、すべてのケースで対応しているわけではないからです。

悪質な業者に騙されないために法律を知っておこう

出会い系で良く使われる法律としては消費者契約法や電子消費者契約法があります。

これらの法律は消費者を守るためのものであり、不当な契約であった時には一方的に破棄できるといったものです。

料金を明示していなかった、登録時に消費者に不利な事項を説明しなかったなどのことがあれば、これらの法律が活用できます。

良くあるケースが無料だというので登録したところ、実際にはポイント制で料金を請求させるというものです。

最初にきちんとした料金の明示がなされていない場合、支払いそのものを無効とできますので、泣き寝入りはしないでください。

こうした法律の知識を上手く活用するには、やはり専門家に相談することも必要でしょう。

弁護士に相談することで解決できることも多いので覚えておいてください。
ただ、先述したようにトラブルにあわないよう自衛することも大切なことです。